将来の生活も考えて賃貸併用住宅を建てましょう

おもちゃの家

賃貸料金が安い

室内

生活音に配慮する

賃貸併用住宅の良い点は、賃貸料金で得た費用を住宅ローンの返済にあてられることである。自己負担額が少なくなるため、安定した老後を送りたいと考えている人にもおすすめである。また、固定資産税や年開発税、所得税など税金の支払い額が少なくなることも、賃貸併用住宅を建てるメリットである。ただ、負担額が少なくなるのは入居者がいればの話で、空き部屋が続くと予想していた以上に支払い額がかかるので注意しなければならない。空き部屋を埋めるため、人が住みたくなるような部屋を維持する必要がある。また、賃貸併用住宅は二世帯住宅に転用できるので、空き部屋状態が続いて支払いが困難になった場合は変更すると良い。また、ファミリーや若者など、ニーズに合わせたデザインを考えることも重要である。学校や保育園の近くはファミリー、大学が多い場所は若者向けの間取りにすると良いであろう。また、個人で借りる側としては、賃貸料金が安いのがメリットで、一般的な相場より5000円から10000円くらい安くなる。少しでも安い部屋に住みたいと考えている人は、部屋探しをする時に賃貸併用住宅があるか聞いてみると良いであろう。入居後は、長く気持ち良く暮らすために、オーナーとコミュニケーションを取ることも大事である。ただ、遅く帰宅すると入浴時間もその分遅くなり、シャワーの音で迷惑をかけてしまうので注意しなければならない。夜中は物音を立てないよう、生活音を配慮するべきである。