将来の生活も考えて賃貸併用住宅を建てましょう

おもちゃの家

管理ができやすい

一軒家

大家さんとして活用する

大家さんになりたい人は、どのように賃貸を管理すべきか考えてみましょう。通常、管理会社に任せてしまうことが多くなっています。しかし、自分で家賃の集金をしたり、賃貸アパートやマンションの掃除をしたりしたいのなら、賃貸併用住宅にしてしまった方が楽です。賃貸併用住宅というのは一階を大家さんが使い、二階を人に貸し出すというような住まいを指します。これなら、いつも大家さんが身近に居ることになるので住人の様子を確認しやすく、管理もしやすくなります。まず、賃貸併用住宅を選びましょう。元々あるものを利用することもできますが、一般的にはわざわざ使い勝手がいいように造ることがほとんどです。もしくは不動産会社にそんな物件があるかどうか、確認してみましょう。もちろん住宅には流行があるので、最近の傾向を見ながらより良い住まいにすることが大事です。外観や内装など、流行に沿って合わせてみましょう。アパートの場合、一階を大家さんにした方がいいのか、二階を大家さんにした方がいいのか、よく考える必要があります。と言うのも、構造によっては、大家さんが一階だと二階に上がりづらいと感じる住人も居るからです。逆に、一階は総合的な入り口となるため、大家さんが不侵入者をチェックできるように一階に常駐していた方が安心という場合もあります。このように、賃貸併用住宅といってもいろいろな構造があるので、じっくりと比較してみましょう。セキュリティー対策も考えることが重要です。