将来の生活も考えて賃貸併用住宅を建てましょう

積み木
一軒家

管理ができやすい

賃貸併用住宅なら、大家さんが入居者と同じ建物に住めるので管理がしやすくなります。一階を大家さん、二階を大家さんというように、どちらに住んだ方がいいのか、建物の構造に合わせて選択しましょう。流行を取り入れることも大切です。

室内

賃貸料金が安い

賃貸併用住宅は、マンションやアパートに比べて賃貸料金が安いことが多い。長く気持ち良く暮らすためにはオーナーとコミュニケーションを取ることが大事である。ただ、帰宅時間が遅いと物音を立てて迷惑をかけてしまうので注意しなければならない。

住居模型

オーナーの住宅と一体化

賃貸併用住宅とは、オーナーの住宅と一体化した賃貸住宅です。もちろん玄関などは別となっているので、プライバシーを守ることができます。また、一般的な賃貸住宅よりも遮音性や断熱性の高い建材が使われているというメリットもあります。同じ敷地内での暮らしとなるため、安心感があるという点でも注目されています。

年金生活をより良くする家

ファミリー

賃貸経営しながら住める家

近年、マイホーム建築する際のひとつの手段として、賃貸併用住宅が注目され人気になっているのを皆さんは知っていましたか。賃貸併用住宅は自宅の一部を賃貸スペースにして、家賃収入を得ながら住まいも確保できるお得な建築方法となっています。夢のマイホーム建築と、ローン返済に家賃収入を充てる事で返済負担を減らす事が出来る賃貸併用住宅は、ライフスタイルに合わせて使用用途を変える事も出来ます。たとえば、お子様が成人され結婚した時に、今まで賃貸として人に貸していた部屋を使い、2世帯住宅として使うなど自由な使い方が出来るのも魅力です。また、賃貸併用住宅はひとつの建物の中に大家となる自分の居住スペースと、貸し出す賃貸スペースが共存する事になりますので、入居者は大家がすぐ近くにいるという安心感が得られます。ローン設計でも住宅ローンとアパートローンの好きなほうを選択できたり、ローン返済を家賃でまかなえるなどのメリットが得られます。賃貸併用住宅を検討する場合は、立地場所での賃貸需要などのリサーチが必要になります。このようなリサーチも建築施工会社で行ってくれるところで、建築依頼するのが望ましく、会社選択の際はこのような点も判断材料にして選ぶと良いでしょう。収益性が高い物件にするには、セキュリティーやデザインなどで付加価値があると、入居率が高く収益性が高い賃貸経営が行えます。皆さんも、家賃収入が得られるマイホーム建築をしてみませんか。